カラミざかりの感想&見どころ

カラミざかり|2巻前半の感想や見どころまとめ!待望の続編の評判は?

今回は桂あいり先生の漫画『カラミざかり』2巻前半の感想や見どころをアンケートにしてまとめました。

 

成人向け漫画『カラミざかり』

この度待望の2巻の前半が配信されました。

1巻とは異なり、2巻は前半と後半に分けてのストーリーとなっています。

実際に読まれた方は、どんな感想をお持ちなのでしょうか?

今回は『カラミざかり』2巻前半を実際に読まれた方に、”見どころ”と”感想”をアンケートを実施しました。

興味のある方は、是非、参考になさってくださいね♪

 

カラミざかり|2巻前半見どころ

kiriri

30代男性

今回は1巻からの続きもので、前回から一線を越えてしまった4人の関係性がどの様に変化するのかですが、このままずるずると続くわけではなくある夏祭りに行った際に4人の関係に変化が起きる出来事が発生します。その出来事の後では4人の関係性にまた変化が生まれて、これからどのように結末に向かっていくのかが見どころです。

 

ろーて

40代男性

やっぱりメインヒロイン的な飯田が序盤からヤりまくっているのがいいですね。その相手がほとんど吉野であって、高成ではないというのも寝取られ漫画っぽくて興奮します! 高成も念願かなって飯田とヤれるんですけど吉野のおこぼれといった感じで、そこから更に彼と差がついていく様子が読んでいて切なく、また同時に面白くもありますね。

 

コーネリアス

30代男性

待望の続編。広告で気になってみた方は、少なくないはず。続編がでるということは、人気です。この作品は、かなりエロいです。しかも、恋人同士ではなく友達同士で性行為をします。それだけでなく、乱交状態です。好きな人と最初は、出来なかった主人公。しかし、やっと出来たと思ったら友達に奪われ、何とも言えない感情になっていると思います。エロ好きには、たまらない作品だと思います。

 

kanade

40代男性

主人公の高成は、好意を抱いていた里穂と友人の貴史の性行為に対して何とも言えない感情を抱いているところが見どころ。というのも、高成は里穂と恋人でもないため、貴史を止める権利を持たず、里穂もまた拒んでいないために高成は二人の行為を止めるだけの理由がない。この中で黙ったまま里穂と貴史の行為を見続けなければならない。止められる距離にいながら、どうしようもなく、また結局は自分も里穂と性行為をしたいという欲求があるために、何も言えない。このような矛盾と葛藤が滲み出ている高成の心情を見てほしい。

 

rui

30代男性

1巻とは違い2巻ではやりまくり、オナニーを覚えた猿のように4人はセックスに明け暮れます。場所も構わず学校でもセックス、家でもセックスです。最高な高校生活ですね。見所は主人公の好きな子への感情の変化ですかね。だんだんと嫉妬みたいな感情や独占したいけどできないお互い気持ちを持っていながら好きではない人とセックスする切なさをかんじました。

カラミざかり|2巻前半感想

カイシヤヒ

20代女性

今回はまた別の角度で4人の関係に変化が見られました。これはある意味悪い方向性かもしれませんが、最近のエロ漫画によく見られる手法で人の彼女や奥さんといった人を別の人が盗っていくという手法なのですが、ここからそのまま終わりに向かうのか、それともここから少女漫画の様にもう一波乱あるのかとても気になりました。エロ漫画ではどちらのパターンもあるので正直ここから先が読めないので、その点も安易さを感じず面白かったです。

 

マグカップ

30代男性

高成が意外とあっさり飯田とヤれたのがまず予想外でしたが、その後もやっぱりこちらの思ってもいなかった展開が続くので面白かったです。寝取られ漫画で「自分の知らない内に好きな子が……」というのはよくありますが、この漫画だと吉野が悪気なしに毎日「今日は飯田とこんなエロいことしたぜ!」と報告してくるんですよね。この吉野の憎めないバカっぷりというか無神経さのおかげで、読んでいる側としてはとても楽しめています。でも作中の高成はどんどん無表情になっていくので、彼がここからどうなっていってしまうのかは気になりますね。

 

ruitu

40代男性

続編が楽しみで、やっと見ることが出来ました。前作と同様、かなりエロかったです。前作では、主人公の男の子は好きな女の子とは出来ませんでしたが、やっと出来ました。童貞卒業して、良かったと思います。そのまま、続くのかなと思いましたがやはり高校生。勉強等で、主人公が会えなくなってしまいます。その間、友達が二人の女の子と毎日やっている姿を写メで送ってきます。かなり、悔しいですね。俺なら耐えることが出来ません。それもまた、この作品の見どころです。後編もい楽しみです。

 

ハルキ

30代男性

主人公の高成と友人の貴史の二人のスタートラインはもともと同じだった。ヒロインの里穂との距離も全て横並びであったのに、高成は出遅れてしまった。そのことによって里穂と貴史の距離は高成の「しらないうち」に縮まっていく。ふとしたとき、そして里穂のまんざらでもない表情からそれを思いしることになる高成。
そして貴史は高成に募る葛藤など知るよしもなく、悪意もないままに里穂とその友人の新山と身体を重ねていく。そこに高成も混ざることができるのだが、スタートダッシュで遅れてしまった高成は里穂と晴れて身体を重ねても浮かばない表情をする。おそらく高成はこの間まで純粋であった里穂がもう同じではなく、性行為にある程度慣れ出した女であることをどこかで理解したのだと思う。その虚しさとか、喪失感とかが、まるで学生のころに密かに好きだった子がいつの間にか彼氏ができて、変わっていく様を見る感じがして共感できてしまう。

 

ヨシアキ

20代男性

飯田と新山の雰囲気が、なにか危なそうな予感と、セックスの快感を求めてしまうヒロイン二人の今後が注目な内容に加え、高成の寝取られ興奮な性癖が歪んでしまうと、物語の歪みが注目な展開となっています。

 

イバ

40代男性

セックスの快感に目覚めていくと、清純なイメージのあった飯田ですが、貴史とのセックスに感じてしまうと、快楽堕ちな様子を見せていると、寝取られ好きな人を惹きつけさせてくれる墜ち系ヒロインな彼女が、今後どうなっていくのかと、チャラ男に孕まされて凄惨な最後を迎えてしまうのかと、不安が残るも後半を見たいと、期待が沸く、そんな内容となっています。

 

yu

20代女性

セックス!セックス!セックス!って感じの内容です。1巻より抜きどころはかなり増えてかなりエロい感じになってます。お祭りでライプか!?イケメンとセックスか!?みたいな感じですが、結局4人でうまくやっていって欲しいなあ。主人公はあまりセックスできない環境になってもう一人の坊主がエロい写メ送ってくるとこなんかは感情移入してちょっとキレそうになったりしました。一巻より感情の部分でも変化が見られて続編も楽しみです。

カラミざかり|2巻前半ネタバレ

カラミざかり2巻前半のネタバレはコチラの記事にまとめています。

>>『カラミざかり』2巻前半のネタバレ

カラミざかり|まとめ

この記事では『カラミざかり』2巻前半の見どころや感想をまとめました。

1巻を読んで、続きが気になり2巻前半を読まれた方が多い印象を受けました。

気になっている方がいらっしゃれば、是非無料、もしくは半額や値引き状態で試しに読まれてみてはいかがでしょうか?

もし感想などあれば、コメントいただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-カラミざかりの感想&見どころ

Copyright© カラミざかりネタバレブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.