#005 地球レシピ Earth Recipe

product

子育てするママとしての視点を大切にされている、グラフィックデザイナーの森奈緒子さん。 彼女が作成した、発達障害をかかえる子どもが遊びながら学べる教材は、 地域の学校やコミュニティ、NPOにも広がっています。 ママの視点から、パパにも関心を持ってもらいたいこと。 普段の生活の中で、パパと子どもの遊びや学びに使えるおもちゃを つくることはできないか。 SIS×森さんのセッションでは、そんなことを一緒に考えました。 たどりついたテーマは「食」。 パパから食材の営みや不思議、自然の恵みとしての 大切さを子どもに伝えてほしい。 実際の食材に触れながら、食事を楽しみながらできるおもちゃができれば。 こんな想いから生まれたのが、『地球レシピ』です。 パパと子ともが一緒に作って、食べて、楽しむ料理レシピが8種類。 料理家の伊柳わこさんも、仲間に加わっていただき、オリジナルな本格レシピができあがりました。

単なるレシピ集、ではありません ひとつの料理に、ひとつの缶づめ。 レシピの手順と材料がそれぞれ5枚づつに描かれた、丸いカードが入っています。

image01

image02

料理をゲームに変える、3つの遊び方

ページトップへ

1.「どうやってつくるの?」ゲーム

どんな順番に料理を作るか、子どもと一緒に手順カード5枚を並べて遊びましょう。 どんな手順で作られているかを考えることで、食べ物や作ることへの好奇心が、むくむくと芽生えます。

image03

ページトップへ

2. 「いっしょに考えよう!」ゲーム

材料カード5枚の表は材料、裏はその食材の秘密が書かれています。 「いくらって何のたまご?」「かんぴょうって何からできているの?」 スーパーやキッチンで見かける食材が、どこに生えているのか、 どんなふうに育っているのか、親子でクイズを出しながら遊びます。

image04

ページトップへ

3. 「材料を集めよう!」ゲーム

地球レシピ全部の材料カードを使って料理に必要な材料を親子で競って集める遊びです。

image05

image06

いつものキッチンで、たくさんの会話が生まれ、 子どもと一緒に作って遊べる。 さて、今日はどの料理を楽しみましょうか。

Back